開業支援について知り、事業を展開させる。

開業した後に後悔しない方法を確認しよう

開業する

税理士資格は弁護士や公認会計士とならんで難関国家資格のひとつです。それだけに登録後は税理士事務所で働き実務経験を積んだあと独立する人が多いようです。独立後は高収入が約束されているかというと必ずしもそうではないようです。様々な原因が考えられますが、最大の原因は税理士登録者数の増加でしょう。税理士が多く市場が飽和状態になっているのです。競争が加熱し資格を持っているだけでは税理士として生活することができなくなってきました。これまで大きな収益元のひとつであった記帳代行だけでは他の税理士と差別化できず、顧客を獲得することが難しくなってきているようです。また、コンピューター化が進み記帳そのものは税理士に頼む必要すら無くなってきました。

前述のような状況があるなかで、今後、税理士になりたい方々はどのような事に注意する必要があるのでしょうか。まずは、付加価値の高いコンサルティングのキャリアを積むことです。記帳代行だけでは収入を確保できません。そこで税理士の本来の役割である税務だけでなく、経営そのものに対するコンサルティングサービスを展開することが必要でしょう。中小企業経営者のよき相談役となるのです。そのためには単に税理士資格を持っているだけでは不十分です。必要に応じて中小企業診断士やファイナンシャルプランナーなど他の資格とダブルで取得するのが有効でしょう。また、資格を取るだけでなくコンサルティングのノウハウを身につけるために経営コンサルティング会社で実務経験を積むことも必要かと思われます。

開業支援サービスでの注意

開業支援サービスは、ビジネスを立ち上げる人達に対し、開業に関するアドバイスや必要となる手続き等を代行してくれるサービスです。開業時はやらなければならないことが多くあるため、サービスを活用すると便利です。

小売業の種類

フランチャイズの小売業には、コンビニをはじめ、買取ビジネスやリサイクルショップなど多種多様な物があります。小売業のフランチャイズは接客業経験者が長い方に向いていると言われています。

デイサービス

デイサービスのフランチャイズのしごと件数は年々増えてきています。未経験からできるデイサービスので、始めての人でも安心してフランチャイズに取り組むことが出来ます。

一般社団法人とは

 

一般社団法人は社会的に信用させやすい団体です。そのため登録には様々な手順があり、その中でも一般法人設立に関する資料作成は最も時間のかかる作業と言われています。